賢い借金返済方法4選と無料診断シミュレーター!

私の体験談を紹介します。
借金返済時代は、毎月利息だけしか返せないほどに困窮していました。
なので毎月の固定費も極限まで抑えていました。

そんなときにお世話になった上手な節約メニューが、いくつかあります。
まずはなんといっても袋ラーメンです。
それも一番安いやつです。

激安スーパーなどでくまなく探せば、5袋入りで198円のものがあったりして、一日三食をそれでまかなっていたときもありました。
でもさすがに毎食それだと飽きてしまうので、もやしを入れたりとか、お湯をかけて調理せずそのままかじって食べてしまったりもしていました。

そして納豆パスタです。
なんとってもパスタは安く、納豆もスーパーのセール品で3袋60円程度で売っているのを狙って、上手な節約のために買い込んでいました。
パスタだけだと味気ないですし、日本人なのでねばっこいものはどうしても食べたくなります。

借金返済時代は、これらのような方法をひたすら繰り返していましたが、今になって考えればよく体を壊さなかったものだなと思います。
体を壊してしまって入院生活を余儀なくされ働けなくなってしまった、なんてことになったら元も子もありません。

節約生活から抜け出すのが、さらに遅くなってしまいます。
いくら借金しているとはいえども、上手な方法を考えて、食生活は最低限整えなくてはなりません。
逆に完済が遠のきますからね。

参考:借金返済の方法|家族に知られずに解決できる賢い借金返済方法!

賢い借金返済方法

お金の問題は精神的に辛くなるので、あまり意識したくない部分でした。
しかし過去には借金を抱えていて、それで生活態度も改善することを迫られました。
私は、賢い人間になることを考えて、こういった生活を工夫しました。

お金を返すためには自分でイメージを持つことも重要だと思います。
私は借金返済ができた時の充実感を知っているので、イメージを持つのは楽でした。

またお金を集めることに関しては、幾つかの具体的な賢い方法を知っていました。
単純に返するなら、休まないでアルバイトをするのが条件です。
私は体力のない人間ですが夜間のアルバイトにも行きました。
そこでの体験は辛いものでしたが、賢い借金返済方法と思えば大丈夫でした。

その他には生活で使う道具を制限して自分を追い詰めました。
電気や水も必要最小限に抑えて無料の図書館などを利用していました。

無料の公共施設は時間を潰す時に使って生活費を浮かせたのが良い思い出です。
確かに私が選択した道は地道でプライドが傷付くものでした。

しかし借金返済は甘いものではないので自分の感情は後回しでした。
結果的に完済できた時は陰鬱だった気分が解消されました。
その時に世界が広いという気持になって新しい生活へと進めたのです。

借金返済 コツは節約

借金はコツコツと返済をしていれば必ず完済ができます。
金額が大きすぎて支払ができないと嘆いている人は、できないと思い込んでいるだけです。

昔のように金利が高すぎて返済ができなくなった、という事態は無くなりました。
お金を借りてしまったばっかりに借金取りに追われてしまい困ってしまう、金利がどんどん高くなって行く、という悲劇は現在では有り得ません。

もし借入時の金利が高すぎて困っている人がいるとすれば、沢山借入れすぎてしまった、無計画にお金を利用している、などです。
いくら借入残高が大きくなっても工夫次第では必ず完済ができるので、自暴自棄にならずに返済のために働いて節約するのがコツです。

貯金についてですが、貯金は最初は一円や十円しか貯まらなくても、貯金をする事を習慣にしていればいつの間にか100万円や二千万円が貯まっています。
貯金を意識する、という事も大切であり、600円のパフェを食べるよりか貯金をしよう、と日々の生活の上で意識をする事によりどんどん無駄遣いを控え貯金ができるようになります。

借金も貯金と同じであり意識して一円ずつでも良いので節約をして行くのがコツです。
いつの間にか二千万円の借入だって完済ができています。

借金100万の計画的返済方法

学生の頃に生まれて初めてクレジットカードを手に入れて、お金に困った時にはクレジットカードを使って買い物を済ませていました。
最初の頃は一括完済していたのですが、段々と毎月の支払い額が多くなってきてリボ払いに変更して借金返済をしていました。

そうすると入金額が少ないのでクレジットカードを使っているという感覚がなくなってきて、残債がとても多くなってきました。
ただ、毎月の借金返済方法はきっちりと行っていたので少しづつ自動的に限度額が増えていって、最終的には100万の限度額までクレジットカードが使えるようになりました。

もちろん、気がついた時には100万の限度額一杯までカードを使っていました。
それで、新たな買い物ができなくなったので、他のクレジットカードを申し込んで作りました。

気がつけば4枚もクレジットカードを作っていて、合計で200万円近くのローンが残ってしまいました。
100万から増えるのは、あっという間でした。
あまりのも、無計画でした。

毎月のリボ払いの利子だけでも結構な額になるので、ローンの元本がほとんど減らない状況で、利息だけを返している状況になりました。
カード会社と返済方法を相談をして、和解契約をして借金に対する金利をカットしてもらった事もありましたが、将来のことを考えると絶望して死にたい気持ちになりました。

今では毎月頑張って多く返して半分くらいに残債が減ったので、少し気持ちが楽になりました。
クレジットカードはとても便利ですが、金銭感覚が麻痺するので、利用には相当な借金返済計画が必要だと思いました。