Search in:

製品安全ガイドとは?

経済産業省は、平成19年から「製品事故情報報告・公表制度」を開始しました。
これは重大製品事故が発生した時に、その内容について報告する義務を企業に課したものです。
経済産業省がそのような情報を受け付けた場合にWeb上で製品安全ガイドとして公表しています。
製品安全ガイドはリコールの情報、新しい規制の情報、その他公表文書の掲載や過去に起きた製品事故の情報があります。
この製品安全ガイドは、消費者側及び企業側の両者の立場に対して作られています。
よって、消費者は自らが使っている製品の過去の情報を検索することや規制に関する概要などを見るができます。
企業側にとっては、報告の様式や技術基準、発出された法や通知などの逐条解説を得ることができます。
このように製品安全の対策について大きな範囲で情報を網羅しています。
製品安全ガイド自体は企業側の監視の要素が大きいですが、経済産業省は製品安全対策優良企業表彰制度によって企業の製品安全の意識向上にも取り組んでいます。
製品安全対策優良企業表彰は申告制で、企業が普段行ってる製品安全への取り組みを受け付け、審査し、決定されます。
製品安全対策優良企業表彰を受賞した企業は、製品安全対策ゴールド企業ロゴマークの使用が許され自社の広告として製品安全をアピールすることができます。
製品事故が相次ぐ中、このロゴマークを表示できることは大きなアドバンテージとなります。
最近では、製品の構造が複雑化しているため消費者が見た目で良し悪しを判断することには限界があります。
企業が使用者のことを考え、安全に使用できるように製造、輸入、販売する取り組みを評価されます。
製品安全対策優良企業表彰の審査基準は、安全な製品の製造、輸入、販売を行っていることや適切な使い方ができるように情報提供すること、製品事故が発生した時に迅速に対応できること、製品安全に関する文化を社内に構築していることとなっています。