表彰のスケジュール

製品安全対策優良企業表彰は、製品安全についての取り組みを行っている製造業者、輸入業者、小売販売業者を審査し、優れている企業を表彰制度です。基本的にはその製品自体の安全性を評価しているのではなく、その企業の製品の安全への取り組み方法を評価しているということです。そのため過去のリコールなどによる事故は、この製品安全対策優良企業表彰ではその受賞を妨げるものではありません。むしろ問題発覚後の対応が正しく迅速に行われていれば、それは評価に値します。
製品安全対策優良企業表彰の内容としては、経済産業大臣賞、商務流通保安審議官賞、優良賞が、それぞれ製造・輸入事業者部門と小売販売事業者部門とあり、それとは別に特別賞というものがあります。
審査スケジュールとしては、応募資料をダウンロードし記入をしたら、指定のメールアドレスに資料の提出を行います。毎年7月下旬が締め切りとなっているので、7月初めには送るようにしましょう。その後は1次審査が8月上旬ごろまでに行われます。1次審査は送られてきた資料による書類審査のみで、2次審査進出企業を選出します。その後2次審査が9月上旬から10月上旬にかけて行われます。こちらは東京都内でプレゼンテーション審査を行い、必要に応じて追加のヒアリングや現地調査を行う場合があり、これで審査は終了です。
その後のスケジュールは11月上旬に受賞企業の発表が行われます。経済産業省のホームページで発表が行われるので、チェックするようにしてください。11月中旬には都内で受賞式が行われます。以上が製品安全対策優良企業表彰のスケジュールとなります。
この賞を受賞することによって、製品安全対策優良企業ロゴマークを使用することができ、企業内での製品安全に対する取り組みや、問題が起きたときの対応などが広く消費者にもPRすることができます。どのような取り組みが行われているのかを整理し、広く消費者に評価される取り組みを行うようにしてください。