Search in:

発表・表彰に関して

経済産業省によって行われている事業の一つとして製品安全対策優良企業表彰があります。日本におけるものづくりの安全性を高めていくということが目標として掲げられている事業であり、製品安全に取り組んでいる企業を表彰することによって製品安全対策への取組のモチベーションを高めていくことが目指されています。製品安全対策優良企業表彰では各企業が行っている製品安全対策についての紹介を行う資料の提出及びプレゼンテーションの実施によって審査が行われ、その厳密な審査を経て製品安全対策優良企業の発表が行われ、表彰式が後日行われるという仕組みになっています。受賞企業及び公表内容については経済産業省のホームページにおける発表が基本となっており、受賞企業が公表された日からその企業は製品安全対策優良企業ロゴマークを使用することが許可されるというメリットが得られます。これをモチベーションとして製品安全対策優良企業表彰への応募を考えることが期待されているのです。
製品安全対策優良企業表彰は部門ごとにわけられて行われるということが特徴の一つです。製造事業者・輸入事業者部門、小売販売業者部門に部門分けされており、それぞれが大企業と中小企業に分類されて受賞企業が決定されます。それぞれに対して経済産業大臣賞、商務流通保安審議官賞、優良賞が選ばれるシステムが基本です。これらの部門に加えて特別賞も準備されており、消費生活用製品に関連した事業を行っている団体または企業であれば製造事業、輸入事業、小売販売事業を行っていなくても応募し、審査によって受賞をすることが可能となっています。
製品安全対策優良企業表彰では7月下旬から審査が開始されて二次審査が行われ、最終的に受賞企業が発表されるのは11月の上旬になります。そして、11月の中旬になって表彰式が行われるという審査スケジュールを持っており、四半期少々の時間が応募から発表までにかかるということは留意が必要な点です。