もし製品事故に合ったら

経済産業省では2007年から、「製品安全対策優良企業表彰」を現在まで行っています。消費生活用製品安全法が改正されたことで、製造事業者等には、重大製品事故が起きた場合には、国へその内容を報告しなければならないことが、2007年に義務付けられています。
消費者が使用する製品や種類は増えており、それに伴って製品事故も増加しています。「製品安全対策優良企業表彰」を行うことで、各企業の製品安全に対する意識を高め、事業活動などで製品安全が向上していくことなどを目的として始められています。
「製品安全対策優良企業表彰」は、消費生活用製品の製造事業や輸入事業を行う、大企業と中小企業に分けられている部門と、消費生活用製品の小売販売事業を行う、大企業と中小企業の部門があります。経済産業大臣賞、商務流通保安審議官賞、優良賞などが設けられています。この他には、特別賞もあります。
安全な製品を製造したり、輸入する際の取り組みや、消費者等への製品の正しい使い方を発信する状況、など他にもさまざまな事業の取り組みを評価して、「製品安全対策優良企業表彰」が発表されることになります。こちらを受賞した企業は、経済産業省のホームページで見ることができますので、ご覧になられてはいかがでしょう。
また、経済産業省のホームページでは、最近報告されていますさまざまな製品事故の事例が紹介されています。もし、自身や家族などが製品事故に合った場合には、独立行政法人製品評価技術基盤機構という、NITEのホームページに情報を提供することで、さらなる事故を防ぐために役立てられますので協力しましょう。
製品事故の対処は、経済産業省が管轄しています、独立行政法人製品評価技術基盤機構に事故の状況を報告すると、事故調査や分析、評価が行われて、事業者による再発防止策等が公表されることになりますので、情報を提供するようにしましょう。経済産業省は、「製品安全対策優良企業表彰」を行い、製品の事故を防ぐため力を入れて取り組んでいます。